Pediator | Chromeアプリ100


Pediator

Pediator




アプリ名Pediator
レビュー日2012-3-24
バージョン1.0
デベロッパーirts.jp
日本語対応
特徴
  • Wikipedia・Uncyclopediaにある単語を自動検出&リンク生成
  • 単語をクリックするだけでページ内や新しいタブで閲覧可能
  • スポンサードリンク

    詳細・使い方


    Webページ内の単語をWikipediaで調べるならこれ!

    「Pediator」はページ内の単語のうち、WikipediaもしくはUncyclopediaに載っている単語にリンクを生成する便利なChrome拡張機能。
    特にWikipediaは膨大な量の情報があるので、これを使えばWeb上の知らない単語が全てわかるようになるかも知れません!

    拡張機能をインストールすると、「Pw」のアイコンがアドレスバー横に出現。



    あとは好きなWebページを見ている時にアイコンをクリックすれば…



    単語ごとに赤い線が引かれて、自動でリンクが生成されます。



    赤い線が引かれている状態で調べたい単語をクリックすると、ページ内で右からWikipediaが出現!そのまま閲覧することが可能です。

    「食べログ」をクリックしました


    オプションで「オートモード」に切り替えれば、Webページを開くと同時にリンクの自動生成が可能に。また単語区切りの長さを3種類で切り替えることが出来るので、長い固有名詞などにも十分対応出来ます。



    こちらはUncyclopedia。相変わらずユーモラス。



    クリック1つでWikipediaにアクセス出来るスマートな拡張機能。ページ内で全て完結出来るのも魅力な便利ツールです♪
    スポンサードリンク


    関連ワード

    関連カテゴリー



    ※レビュー当時の紹介内容となりますので、画像や文言が現在のバージョンとは異なる場合があります。
    ※お使いのPCのスペックなどにより、正しく動作しない場合があります。

    スポンサードリンク