Last Tab Keeper | Chromeアプリ100


Last Tab Keeper

Last Tab Keeper




アプリ名Last Tab Keeper
レビュー日2012-3-21
バージョン1.2.4
デベロッパーprins
日本語対応
特徴
  • 最後のタブを閉じた際にブラウザが終了しないようにするChromeプラグイン
  • タブが最後の1つになると自動で「新しいタブ」が出現
  • スポンサードリンク

    詳細・使い方


    今開いているChromeブラウザタブを全て閉じてしまいたい、という時はありませんか?

    しかしタブは最後の1つを閉じると、同時にブラウザが終了してしまいます。ブラウザはこのまま開いておきたいという時は、先に空白のタブを開いてからでないと閉じ切ることが出来ません。
    そんな時にはこのChrome拡張機能「Last Tab Keeper」が便利です♪

    「Last Tab Keeper」は自分で空白タブを用意しなくても、自動でタブを追加してくれるChrome拡張機能。これをインストールしておけば、うっかりブラウザごと閉じてしまうことがなくなります。

    拡張機能をインストールしても、ブラウザ上にはアイコンが表示されません。基本設定画面で有効かを確認して下さい。

    有効になっている状態で、タブを複数用意。これを全て閉じてみます。



    タブがラスト1つになると、自動で「新しいタブ」が出現。これで最後の1つを閉じても「新しいタブ」残るので、ブラウザが終了してしまうことはありません。



    この「新しいタブ」は仮想の空白タブなどではなく、Chromeブラウザをデフォルトで表示した時に出る「アプリケーション」のページ。無駄なページが増えているわけではありません。



    間違って「新しいタブ」の方を閉じてしまうミスを防ぐには、オプションで「新しいタブを閉じても再作成しないようにする」のチェックを外せばOK。これで「新しいタブ」がすぐに出現するようになります。



    全てのタブをリセットしたい時に、思わずマウスを連打!うっかりブラウザを終了させてしまった…(汗)。という経験がある方は是非一度お試し下さい。
    スポンサードリンク


    関連ワード

    関連カテゴリー



    ※レビュー当時の紹介内容となりますので、画像や文言が現在のバージョンとは異なる場合があります。
    ※お使いのPCのスペックなどにより、正しく動作しない場合があります。

    スポンサードリンク